犬の親子手帖
ホーム
犬の交配基礎知識
犬の妊娠から出産まで
子犬が生まれたら
生まれた子犬の売買
犬の去勢・避妊
注意&グッズ
トップページ > 犬の去勢・避妊 > 手術後の注意点や必要なグッズ

手術後の注意点や必要なグッズ

無事に去勢や避妊の処置を終えて一安心するのもつかの間、術後に元気がないなどで心配される飼い主さんは多いようです。傷を舐めて化膿させてしまう犬もいるようですので注意が必要です。退院時に獣医さんから指導されたことはきちんと守りましょう。

手術後の注意

オペを行った後に注意する点がいくつかあります。傷を舐めるなといっても舐めてしまうのが動物です。飼い主さんが注意して見ていてあげる必要があります。

傷の注意

動物は体が傷つくと舐めて治そうとします。去勢や避妊を行ったあとの傷も舐めてしまうでしょう。傷を舐めて化膿させてしまわないよう注意が必要です。雄の場合は雌の手術後に比べて、開腹していない分元気もあるでしょう。雌は開腹して縫合している割合も雄に比べて大きいので、抜糸が済むまでは元気がなく見えるかもしれません。雄犬で、どうしても傷を舐めてしまう場合はエリザベスカラーを装着します。犬の大きさ別で様々なデザインのエリザベスカラーが市販されています。雌犬の場合は術後着を着せてしまえば、傷全体を覆ってしまうので舐めることもないでしょう。退院時には消毒薬と化膿止めの抗生物質が処方されたと思いますが、傷の消毒は朝晩の1日2回、抗生物質は1日1回、なるべく同じ時間にと3日分ほど出されているかと思います。錠剤がうまく飲めない犬には、缶詰タイプのフードに混ぜたり、おやつに埋め込んだりして与えてみましょう。

肥満の注意

去勢や避妊を行うと、太りやすくなる傾向にあるようです。一説にはホルモンのバランスが変わるから肥満になりやすいという説や、食欲が旺盛になるので太りやすくなるといわれていたり、去勢や避妊は太りやすいのとは関係ないなどとする説もあり様々です。実際のところはオペを行った犬は理由がどうであれ、太りやすい傾向にあるようです。食事管理をしっかりおこない、散歩や運動などもきちんとさせてあげましょう。太ることは簡単ですが、一度増えた体重を減らすことは人間同様大変なことです。増えないように飼い主が努力しなければいけません。

必要なグッズ

あれば便利なのが、先ほども述べたエリザベスカラーや術後着です。ただ、普段から使うものではないので購入せずに身近にあるもので作ってみてはどうでしょうか。「犬の想像妊娠」の「子宮蓄膿症」で登場したサリーちゃんですが、飼い主さんが手作りのエリザベスカラーと術後着を着せていました。エリザベスカラーは厚手の紙や柔らかいプラスチック板を使用し、愛犬の首周りに合わせて丸くカットしていきます。切れ目を入れたら首元につけた紐やリボンで調節します。せっかく購入して用意したエリザベスカラーのサイズが合わなくて、装着しても傷を舐めるのが可能だったりするともったいないですよね。術後着手作りでしたら作り直すこともできますし、好きな色やイラストなどを描き込んだりして、愛犬を心配する気持ちにも華を添えることができますね。一方術後着ですが、普通の洋服だとお腹を縫合した部分が隠れませんので意味がありません。サラシやタオルなどで手作りしちゃいましょう。細長く切ったサラシやタオルに、足を出す穴を4つ空けるだけです。首周りにくる部分に何ヶ所か切れ目を入れて紐を通して留めるようにします。背中部分にも3〜4ヶ所切れ目を入れて紐を通しましょう。タオルの柄や紐の部分をリボンにしたりすると、可愛らしい術後着のできあがりです。排尿時に汚さないよう、糸でたぐって縫っておきましょう。


COLUMN 〜去勢・避妊のその後

去勢手術した太郎

去勢をした太郎ちゃん(左画像)。陰嚢は梅干のようにシワシワになりました。時間と共に縮んでいくでしょう。なにもしなくても傷口を舐めることもせず、1週間後の診察では誉められたくらいです。ただ、前にも増して甘えん坊でやんちゃ坊主に拍車がかかりました。体が大きいので家の中を破壊して回ります。これには飼い主さんも怒るのを通り越してあきれ返ってきる様子です。一方はなちゃんですが、飼い主さん手作りの術後着を着て過ごしました。何枚か洗い替えを作ってもらいましたが、傷が痛むのか元気も食欲もありません。傷口の治りが悪いらしく、術後着には傷口からの浸出液がつき、乾いて生地が固くなり、傷にあたって痛そうです。当然縫合した傷も予定の日には抜糸できずに3日ほど延びてしまいました。抜糸で楽になったからと、激しい運動はさせないようにお達しがでたのです。残るはつき子ちゃんですが、やはり抜糸までは元気も食欲もありませんでした。相棒の姫子ちゃんが付きっ切りで心配しています。抜糸が済んだつき子ちゃん。待ってましたとばかりのやんちゃぶりを発揮です。以前よりも甘えん坊でやんちゃになってしまいました。さて、気になる術後の肥満についてですが、はなちゃんは見事に食っちゃ寝のタイプになってしまい、あっという間に臨月の頃の体重をオーバーしてしまいました。ただ、元々小さいはなちゃんでしたので、まだ肥満の域には達していないようです。つき子ちゃんは、はなちゃんよりも体が小さいのですが、避妊をしてからは食欲旺盛、フードを入れている食器が空のときは、フード入れの蓋をこじ開けて頭を突っ込んで食べるようになりました。体重は徐々に増えていますが、成長過程による体重の増えと取ってもいい範囲ですので問題はなさそうです。一方ビーグルの太郎ちゃんですが、元々10キロ以上あって体も大きく、術前から重かったので、体重が増えたかどうかの実感は飼い主さんにはないようです。ビーグルは太りやすいので注意するように獣医さんから言われていますので、しっかりと食事管理をしているようです。あとは姫子ちゃんの避妊のタイミングを待つばかり。9頭のにぎやかな生活は今も続いています。