愛犬の出産総合サイト
犬の親子手帖
ホーム
犬の交配基礎知識
犬の妊娠から出産まで
子犬が生まれたら
生まれた子犬の売買
犬の去勢・避妊
想像妊娠
トップページ > 犬の妊娠から出産まで > 犬の想像妊娠

犬の想像妊娠

犬にも想像妊娠があるの? などと驚かれる人もいるかもしれません。想像妊娠といっても、正確には「偽妊娠」「擬似妊娠」と呼びますが、「想像妊娠」の呼び方の方が浸透しているようです。では犬の想像妊娠とはどのようなものなのでしょうか。

偽妊娠

どうして想像妊娠は起こるか

何故犬の場合は想像妊娠と呼ばずに偽妊娠と呼ぶのでしょうか。想像妊娠とは、人間でいえば強く妊娠を望んだり、反対に妊娠に対して強い恐怖感を持っていたりすると、妊娠に似た兆候のヒートが止まったりつわりの症状が出たり、お腹まで膨らんできたりします。一方犬の場合は自らが妊娠を望むわけではありませんので、あくまでもホルモンのバランスによるものですので「偽妊娠」と呼ばれます。獣医師によっては正常なことだと唱える人と、病気だと唱える人がいて、正確なところは確定されていません。何故なら無発じょう期に入ると自然と元に戻ってしまうからです。

それではどうして想像妊娠はおこるのでしょうか。これは交配をしたメス犬でもしていないメス犬にも起こりうることです。発じょうして排らんが起こる時期になると黄体ホルモンが分泌されるということは「犬の生理」の項で学習済みですが、この黄体ホルモンが長い間分泌されることによって、犬の想像妊娠となるわけです。黄体ホルモンはし宮に受せい卵を着床しやすくすると共に、着床後は妊娠状態を継続して保つ役割があります。妊娠が成立しなければ役割がないので黄体ホルモンの分泌はストップするはずなのです。ですが犬の場合は発じょう後期というものがあるように、妊娠していなくてもすぐには黄体ホルモンの分泌がとまるわけではありません。妊娠した場合よりも黄体ホルモンの分泌は少ないのですが、これが出ている間は妊娠を維持しようと体が働いてしまいますので、妊娠していなくてもそのような症状が出てしまうのです。だからといって全ての雌犬に想像妊娠の症状が出るわけではなく、黄体ホルモンの量がごく微量の場合は想像妊娠の期間が短くて気づかないか、想像妊娠が起こらない場合があります。黄体ホルモンの量が多い場合は、想像妊娠も長く続いてしまいます。

想像妊娠になると

犬は発じょう後、2ヶ月ほど黄体ホルモンが少量ながら出続けます。その影響で妊娠の症状が出てしまうので、交配をさせた雌犬の飼い主にとっては受せいしたものと勘違いしてしまうでしょう。新聞紙や布などを与えると1ヶ所に集めて巣作り行動をとったりします。飼い主の脱いだ服をくわえて持っていってしまったりもします。中には、ぼ乳まで出る犬もいて、小さなヌイグルミを抱えて授乳させるような行動をとったりします。お腹も膨らんできますので妊娠と勘違いされる飼い主もいるでしょう。つわりを見せる犬もいますが、実際の妊娠でのつわりは排らん後20日あたりですので、発じょうから1ヶ月ほどでつわりなどを見せる場合は想像妊娠の疑いがあります。これら全ての症状は無発じょう期に入ると共に自然におさまっていきます。

犬の想像妊娠の注意

繰り返し想像妊娠になる場合

いずれは自然に症状がおさまる想像妊娠ですが、ぼ乳が出て、自分で常に舐めてしまって乳腺炎を起こしてしまう場合があります。この場合は腹帯(術後着のようなものです。詳細は避妊の項を参照となります)でお腹を覆ってあげることが必要になってきます。
乳腺炎がひどくなると、発熱したりしこりができたりしますので治療が必要になります。

ヒートのたびに想像妊娠を繰り返す場合、繁殖を諦めて避妊の処置をした方がいいかもしれません。発じょうのたびに想像妊娠を繰り返すということは、し宮内膜が長い間充血した状態になるため、「し宮蓄膿症」や「乳腺腫よう」などの病気を誘発させないためにも避にんの処置は仕方のないことかもしれません。出産させて子供を産ませるのが大事なのか、愛犬の健康をとるのかは考えるまでもないことですよね。

し宮蓄膿症

余談ですが、し宮蓄膿症について少しだけ触れてみたいと思います。一言でわかりやすくいうと、し宮の中に膿が溜まるものです。食欲がなくなり嘔吐や脱水が見られる場合もあります。子宮の入り口が開いている状態であれば、「ちつ」から膿汁が出てきて異臭を放つようになります。し宮の入り口が閉じている場合は、し宮内に膿が溜まっていきますのでどんどんし宮が大きくなり、最後には破裂して腹膜炎を起こす可能性もあります。し宮蓄膿症になった場合は早急の処置が必要です。初期治療ですと抗生物質の投与と静脈内輸液が必要になりますが、治療が遅れるとし宮摘出となります。

COLUMN 〜し宮蓄膿症のサリーちゃん

子宮蓄膿症だったサリーちゃん

ヒートを終えたシーズーのサリーちゃん。とある美容室の看板犬です。ある日気づくと「ちつ」から何か分泌物が出ています。ヒートでもないのにおかしいと思った先生と店長のご夫婦はすぐさま獣医さんの元へ駆け込みます。し宮蓄膿症と診断されたサリーちゃんはそのままし宮摘出となりました。し宮が破裂する前に気づいたので重症にならずに済みました。自慢の長いシッポの毛をカットされてしまいましたが命には代えられません。お腹に痛々しい傷をつけてしまったサリーちゃんですが、今では傷の跡もすっかり分からなくなり、元気に看板犬を勤めてお客様からの絶大な人気を維持しています(画像:摘出後も元気なサリーちゃん)。