犬の親子手帖
ホーム
犬の交配基礎知識
犬の妊娠から出産まで
子犬が生まれたら
生まれた子犬の売買
犬の去勢・避妊
去勢
トップページ > 犬の去勢・避妊 > 犬の去勢手術

犬の去勢手術

雄犬を去勢させるとどのようなメリットがあるのでしょうか。方法なども気になりますが、かかる費用も雌犬よりも安くすみますし、オペにかかる時間も雌犬の避妊よりも短く済みます。さて、犬の去勢とはどのようなものなのでしょうか。

去勢をすべき雄犬

去勢のメリット

愛犬に去勢の処置をするかどうか迷っている飼い主さんもいることでしょう。反対に、去勢を行ったほうがいい犬もいるのです。
停留睾丸といって、陰嚢に睾丸が片方ないしは両方降りていない場合、去勢の処置を行うべきです。停留睾丸とは、普通精巣は、胎児のときには腹腔の腎臓の後ろにあります。
それが徐々に移動をしてそけい部を通り、陰嚢の中に入ります。これが産まれて数ヶ月たっても腹腔内にあり、陰嚢に降りてこないのを停留睾丸と呼びます。
腹腔内の精巣は将来腫よう化しやすく、雄でありながら女性ホルモンを分泌してしまうホルモン疾患になる場合もあります。腫よう化してからでは遅いので、去勢の処置をして取り除いてあげなければいけません。
オペも雄犬であれば開腹しませんが、停留睾丸の場合は開腹し、腹腔内に残された精巣を探して撤去しなければいけません。

去勢のオペを行うことによるメリットとは何でしょうか。去勢を行うことにより、将来高齢犬になったときにかかりやすい疾患の予防をすることができます。前立腺肥大の予防になることは広く知られていますが、前立腺肥大や肛門周囲線種になると悪性であるガンが見られますので、前立腺肥大と肛門周囲線種の予防が最大のメリットになるでしょう。この他にも、睾丸腫よう、会陰ヘルニアなどの予防になります。いずれの疾患の発生率は比較的高いものなのですが、若い頃に去勢を行っていると発症する可能性の少ないものなのです。疾患の予防の他に、足を上げて排尿をする前に去勢した場合は、マーキングや排尿時の足上げをしない犬になります。成犬で去勢を行った場合、このマーキングや足上げ行為はなくなるとは言い切れません。犬によってはそのままだったりやらなくなったりします。正確も、生後5〜6ヶ月で去勢を行った場合は(この時期に去勢するように進める獣医が多い)、子犬の頃の正確がそのまま残ったりします。

去勢費用

愛犬のためとはいえ、やはり気になるのはオペにかかる代金ですね。動物病院に問い合わせてみると料金を教えてくれるところがほとんどです。犬の大きさによってもかかる費用は変わってきますが、雌の避妊よりも雄の去勢の方が、若干料金が安いのが普通です。開腹するかしないかで大きく変わってくるのです。小型犬、中型犬、大型犬で料金も変わってきますし、入院する日数によっても値段は変わります。おおよそ15キロ未満で15000円から20000円前後が普通でしょう。もちろんこれよりも破格に安い値段の病院もありますし、高い病院もあります。周りの去勢経験者から情報を集めてみるのもいいでしょう。

去勢手術の方法

先日の夜9時から絶食をさせて、オペは全身麻酔で行われます。雄の生殖器は睾丸の中に精巣と精巣上体が納まっています。この睾丸を摘出する方法で去勢は行われます。包皮と陰嚢の間の正中線の上の陰嚢の近くを1ヶ所だけ1〜1.5センチほど切開し、この切開部分から両方の陰嚢を摘出します。

犬の去勢手術前
犬の去勢手術後
去勢手術前日 去勢手術翌日
去勢を行って睾丸を摘出した場合の弊害はほとんどありません。余談ですが、オペに慣れた獣医師にお願いするべきでしょう。簡単なオペといってもやはり麻酔を使用しますので、手馴れた獣医師にお願いするに越したことはありません。空になった陰嚢は、若い雄犬だと徐々にしぼんでいきますが、成犬になってからだと垂れ下がったままになります。


COLMUN 〜新入りビーグルの去勢

去勢手術した太郎

新入りとして新しく家族に加わったビーグルの太郎ちゃん(左画像)と花子ちゃん。飼い主に見捨てられて危ういところを助けられました。1階と2階に先住犬7頭と分けて飼われることになりましたが、太郎ちゃんはマーキングがひどく、そのうえ13インチとはいえ大きな体ではしゃぎ回るやんちゃ坊主です。それが少しでも解消されればという想いから太郎ちゃんを去勢させることになりました。食いしん坊の太郎ちゃん。絶食がきつかったみたいです。動物病院で診察を受け、異常がないのでそのまま去勢のために入院となりました。退院は次の日です。麻酔を打たれるまで吠えまくった太郎ちゃんですが、手術後からは傷も痛むのか、病院ではおとなしくしていました。退院で新しい飼い主さんがお迎えにきたときには飛び跳ねて喜んだものの、自宅に帰ると借りてきた猫のようにおとなしく、待ちわびていた花子ちゃんは遊びたくてウズウズです。少しはやんちゃぶりが解消されたのでしょうか。糸は抜糸の必要のない糸でしたので、傷を舐めることに気をつけてきれいに治ってしまいました。太郎ちゃんの期待されたマーキングとやんちゃ坊主の解消はされたのでしょうか。去勢により性格の変貌を期待された太郎ちゃんですが、子供返りしてしまい、以前にも増して暴れん坊の破壊魔になったのでした。マーキングも残念なことにおさまりませんでした。がっかりな飼い主さんですが可愛いことには変わりありません。かかった費用は入院費や麻酔代金込みで16000円弱でした。