妊娠経過

トップページ > 犬の妊娠から出産まで > 犬の妊娠の経過


スポンサードリンク

犬の妊娠の経過

妊娠が確定して出産までの約63日間、母犬となる愛犬の管理や飼い主がやるべきことなどを学習していきましょう。


とても大事なことですのでしっかりと頭に入れ、きたるべき出産に備えます。健康な体で子犬を産ませてあげましょう。

妊娠中の管理

犬の妊娠期間は約58~63日です。子宮に受精卵が着床してから約40日で子犬が産まれてくるのです。


子宮にたどり着いてから、驚くほどのスピードで胎児は成長するわけですから、妊娠期間中の母犬の生活や栄養状態はかなり重要なものとなります。


母犬の状態がよければ産まれてくる子犬も十分発育して産まれてくることができます。

妊娠前期

妊娠前期-交配22日目この時期はまだ受精卵が子宮へと着床していません。


不安定な時期ですので激しい運動は避けましょう。シャンプーも安定期にはいるまで控えます。


フードは栄養バランンスをよくし、今まで与えていた成犬用でかまいません。


ビタミンやミネラルをやたらと与えるのも控えます。


ハムやチーズなどを与える飼い主さんがいますが、塩分がかなり多いので絶対やめましょう。


胎児や母犬のためにとカルシウムのサプリメントを与える人もいますが、これもやめましょう。


なるべく食事から摂取するようにしなければ、自分の骨からのカルシウム補給ができなくなります。


交配から20日前後でようやく子宮に着床した受精卵は30日前後で犬の形になります。着床からあっという間ですね。

スポンサードリンク

妊娠中期

妊娠中期-交配45日目妊娠中期には子宮に受精卵が着床して安定期へと入っていきます。軽い運動やこの時期に1度シャンプーしておくのもいいでしょう。


乳腺が発達してきてお腹も少しずつですが膨らみ始めます。


この頃から徐々にフードを妊娠授乳期用に切り替えていきます。


高カロリーのためいきなり切り替えると体調を崩す恐れもありますので、今までのフードに少しずつ混ぜて増やしていきます。


超音波検査で胎児を確認できるのもこの時期に入ってからですが、超音波検査をせずに妊娠後期にX線検査だけをする獣医師もおります。

妊娠後期

妊娠後期-出産5日前後期に入ったら、階段などの段差のあるところや高いところに行かないように注意を払いましょう。 抱き上げるときも腹部を圧迫しないように抱きます。足の短い犬種だと、大きくなったお腹が床についてしまう場合もありますので擦過傷に気をつけます。 食欲も旺盛になりますが、胎児が胃を圧迫するために1度に食べられる量が限られます。大型犬などでしたら常に食べられるようにしてあげてください。

妊娠末期

いよいよ出産間近です。破水や悪露で被毛が汚れないように、陰部周りやシッポの付け根の毛を短くカットしておきます。また、授乳しやすいように乳腺の周りの毛も短くしておきましょう。


自分でうまくできない場合はトリマーさんにお願いしてみましょう。


動物病院でX線検査を受け、胎児数や大きさを確認し、骨盤の状態なども診てもらいます。


出産に必要な備品の確認もしておきましょう。


獣医さんとの連絡もいつでもとれるようにしておきます。


あとは陣痛を待つばかりです(※レントゲン画像はクリックで拡大します)。

COLUMN
~妊婦のはなちゃん

交配から1ヶ月が過ぎるのを、首を長くして待ち、獣医さんの元へ妊娠確認の診察に訪れたはなちゃん。先生の慎重な触診によって妊娠が確定されました。はなちゃんの家族は大喜びです。


「体も小さいですし、お父さんのまろちゃんも小さいほうだしきっと多くて3頭くらいだと思いますよ」と獣医さんの言葉です。


初めの頃、つわりのような症状もありましたが1週間ほどで楽になったようです。


マニュアル(?)を無視したはなちゃんは常に食欲も旺盛で、父犬まろちゃんとじゃれて遊びまくる毎日です。


中期を過ぎて徐々にお腹が膨らみ始め、後期に入る頃にはこんなにお腹が大きくなるの? と言うくらい膨らみだします。


胎動も激しく、お腹を見るとゴニョゴニョ動いているのがハッキリわかります。


この頃には大きなお腹が重いのか、はなちゃんの動きが徐々に鈍くなってきます。妊娠末期、頭数を確認するためにX線検査を受けます。


何やら驚いた表情の獣医さん。「私、多くて3頭と言ってましたが……5頭入ってます! この小さな体で5頭です!


お腹の中赤ちゃんだらけです!」X線写真を見ながら胎児がどういう向きで入っているかを興奮気味に説明する獣医さん。飼い主さんもかなりの驚きです。


犬の子宮は人間と違い、Y字になっています。


Y字の左右に互い違いに2頭ずつ、Y字の下に子宮口を塞ぐように1頭確認できました。


その1頭の位置の関係で難産が予想されます。


出産までの間に位置がずれてくれるといいのですが、さて……はなちゃんの出産はどんな出産になるのでしょうか。


そしてブラックタンのはなちゃんと、クリームのまろちゃんからはどんな子犬が産まれてくるのでしょうか。


妊娠前は2.8キロだったはなちゃんは、妊娠末期には3.6キロになっていました。

スポンサードリンク
犬の交配基礎知識
犬のワクチン
犬の生理
犬の血統書
犬の交配
犬の妊娠から出産まで
犬の想像妊娠
犬の妊娠の経過
犬の出産準備
犬の出産
犬の帝王切開
犬の出産後の注意
子犬が生まれたら
子犬の世話
犬の育児放棄
子犬の離乳
生まれた子犬の売買
動物取扱業登録
子犬の売買時期
犬の去勢・避妊
犬の去勢手術
犬の避妊手術
手術後の注意点や必要グッズ

ページの先頭へ